文化財を扱う技術

魅力溢れる郷土の文化財を次世代に継承する技術力と実績

特別名勝 栗林公園|旧日暮亭 保存修理工事

茶室/前室 南東側より見る
茶室内部 南側より見る
前室 南側より見る
前室 妻飾り修繕 木工事
茶室 小舞搔き 左官工事
前室 杉皮葺屋根(改修前)

栗林公園の中でも掬月亭とともに江戸時代の建物として貴重な文化遺産となっています。長年の歴史を誇るこの建物は、過去幾度か修理を重ねていましたが、前回の保存修理から約四十年経過した平成三十年一月から十一月までの約十一カ月をかけて、屋根の葺き替えをはじめ、劣化木材の取り替え、土壁の塗り直し、基礎石の高さ調整などの保存修理工事を実施したところであります。工事に当たっては、文化財保存修理に精通した有識者より工事の段階毎に、また、痕跡調査等においてもご指導をいただき、無事に完了することができ深く感謝いたします。ここに関係者のご尽力に謝意を表します。
平成三十一年三月

特別名勝 栗林公園ホームページ https://www.my-kagawa.jp/ritsuringarden

特別名勝 栗林公園|掬月亭 保存修理工事

屋根(柿葺)の破損、腐朽が著しく台風被害もあり天井、壁等、文化庁の指導の下、多岐におよぶ平成の保全修理工事(完全解体・復旧)となった。

工事に当たっては、観光客への安全確保、植裁・庭石などの養生、鯉や鳥の保護等周辺の環境保全と景観維持に努めるとともに、工事関係においても多岐におよぶ工程・工事方法など関係者との協議確認を徹底。さらに、今回の保全修理工事において県内・近県の文化財修理の経験者・技能者による施工を通じて地元技能者の育成等この工事は、大いに意義があった。

特別名勝 栗林公園内|偃月橋改修工事

長年の経年変化による橋脚及び踏板の腐朽が著しく、危険な状況になることが予想されることから全面的な架替工事を実施しました。既存の橋を実測の上、真新しい同じ素材の材料を使うことから、万全を期すため工場において仮組のリハーサルまで行った。

橋脚の工事部分を止水するのに利用する「土のう」も、園内環境保持のため、園内の土のみを利用し工事を実施しました。

重要文化財|小比賀家住宅 主屋ほか四棟 保存修理工事

主屋、米倉、午門、土塀の修理工事であったが、経年による建物の傾きが酷く、特に午門は保存に支障が出ない程度の鉄骨による建て入れ直し、構造補強工事で小屋組みを支えている扠首受けの補強鉄骨取付が困難を極めたが、無事工事を完了しました。

地域の貴重な文化財の大修理に際して、地元の小学生や一般の方の見学会を開催。小比賀家の歴史や修復工事の説明また、土壁塗りや鉋かけの体験など貴重な体験をしていただきました。